デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ブログで出来る表現の範囲◆〃拆睚

2006年07月06日 11:27

そもそも
ブログで綴るって「どういうことをしてるのか」っていうことだ。
インターネットという「公共性」、「無限性」という特性と
情報を「公表する重要性」とが融和して、タイムリーにそれが可能となって
来上がったものが、やがて、
人が持ついやらしい「自己顕示欲」という欲望を満たす事が
可能となった事にユーザーが気づき、自分の理想が
ブログを通じて、まるで叶った気にさせる「仮想現実」となる
怖いメディアでもある。麻薬的だ。

だって、本来有り得なかったよな。
自分の考えをさらけだすって。

人それぞれ「公表したい事」、「公表しにくい事」と
それぞれあるのにも関わらず、自分の考えをさらけだし、
しかもその考えなり、想いを人に見せたい、見せつけたい
という昔からしたら、有り得ない、誠に恥ずかしいことを、
平気でやっちゃっている。

ブログって、そういう新しいメディア
身元が割れないから、素性をさらけ出しやすい。



今は大阪。一つの大きな山が無事に終わったので、
ちょっと、この「やっかい」な問題について書きながら考えたい。
なんでこんなことを言い出しているのかというと、
きっかけがあったのである。

「あなたのウラログに書きこんでる内容が
“全然ウラじゃないじゃん”」とコメントされたこと。

ウラログに書きこんでる内容がウラじゃないっ。
いわゆるエロネタではないから、表(オモテ)に書いたら?
という簡単な意味で、この人は聞いてきてるんだけど

ほんまや。なんでやろう?」

まー簡単に処理したら、
こんなサイトでそんな細かい事、どうでもいいじゃん。
しかも別に毎日かいているわけじゃないし。なんだけど、

言い逃れようと、言い訳をその人に対して
考えてたんですね。

そこが、そもそもおかしいのよ。

つまり、
ブログの自分」なんよね。

そして、全然話が違うんだけど、
この頭のおかしなテーマの問題解決のプロセスで、
自分の堕落に対して、ゾッとしたことがあった。

それは、最も僕が嫌いな、嫌気が差す最近流行りのフレーズ
巷でみんなよく使うやつなんだけど。
便利だけど使うと「人間駄目になる」と思ってた表現。
これ絶対やめないと、やばいと「思ってた(過去形)」表現。

それは、
「そこに知らない自分が居た」・・・ってやつ。

なんとも無責任な表現で、吐き気がする。してた。
そんな事、よくもシャアシャアと言えるわ。と思ってた。
おい、こら!おまえはドコに行ってんねん。
自制できないコトを格好つけたらあかんでしょ。と思ってた。

「そこに知らない自分が居た」って
将来、自分の子供たちが、揃って
使ってったらどうなっていく?ぞっとするよね。

先ほど、「こんなサイト」などと失礼な事を言ったが、
ココは使い勝手が良いのでユーザーの中では、サイトに対して、
めちゃくちゃロイヤリティ高い人も居るんだけど、
僕からしたら、それもわからんでも無いけど、

それより、なんで見ず知らずのその人に
「言い逃れ」しようとしたのか

ちなみに、それは以下のようなプロセスで考えたんですが、
まず自分にとって、オンやオフ、仕事とプライベートみたいな
関係性と同じく、日常生活の上でおこる色んな予定や行動の
ひとつひとつ、

例えば、
仕事上の成功、失敗。
人生の転機、期待、失望、
三度のメシ、趣味。プライベートな時間。
お姉ちゃんと遊ぶこと。
あるいは、親戚の葬式や法事。
友人の祝い事やバースデー
子供と遊ぶこと。
家庭。

「別に同時にウラにかいても良いじゃん」
だって、ボク。
ナニと対峙しても、同じ集中力でやってるし、
当然、一日に占める、それぞれに対して
割ける時間の割合は、全然違うけど、
この先の人生も含めて、
仕事が占める割合が断然多いわけで、
それぞれに何に費やすにも
この「頭」を使って、時間を切り売りしてるわけだから
ウラをウラとして、表は表としてって
やんなくても別にいいじゃん。


繰り返し
「別にすべてのことを同時にウラにかいても良いじゃん」

サイトの都合やんか。

だって、
公序良俗性的描写。こういった“オーバー18”の
コンプライアンス上という点で
ウラ的内容はウラにしか書いちゃ駄目
というのができたんでしょう。

だから、ビジネスモデル的には
リスクマネジメントユーザーのニーズ
マーケティングして出来上がったものでしょう。

自分も含めて、ココ以外でも
ブログを書き綴っている人は、個人差はあるけれど、
やがてこれに依存状態を一度は自己認識する。
するよね?

依存状態とは幻聴幻覚的なLSDのような作用だ。
(こんなことは言っちゃダメ?ウラか^^)
こんな風に、このメディアに対して偏見視するようになってきた。

例えば、あの例の「ありがとう・・・ヒデ」じゃないけど
有名人がやるアレは、社会に対するプレスリリースだから意味がある。
別格だから。中田流といえ、カッコつけともとれるけど、
記者会見じゃなく、あの形でというを社会は認めた。
中田が現役を引退することに対する賛否はあれども、
あくまで、手法論に対して否定は無いという意味で。
色々、今後あの手の「勘違い」や「アレまがい」が出てくるんだろう。

この話の論点は、表に書くべきことを表に書かず、
ウラに書くのは何故だろう?というところからきたけど、

そんな風にあーだのこーだの考えていたら
要するに、自分がサボっていたというところに落ち着いた。
とある簡単な指摘は「自分に対する警鐘」なのだ。

流れに逆らわず、秩序に則って、限られた範囲で
個性主張する事ができるようにならないといけない
というところで、落ち着きたいと思う。


本当にくどく、まどろっこしい話で、
徹夜続きにつき、ナニいってんの状態だけど^^
御容赦願いたい。

このデジログへのコメント

  • gadda 2007年02月27日 11:17

    私はこのID自身を「裏」のキャラとして確立しようとしてるので裏専門(笑)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ティー

  • メールを送信する

ティーさんの最近のデジログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31