デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「一重瞼の花散じ」(韻と多少の意味だけで構成)

2006年06月30日 15:03

灯す頃花散じ
気負いて見るや想いの数
遠いし明かりは見ごろ迎え
寄ってきらっせと誘い誘い
一重の瞼に重ねし感情
流すや夜や
花吹雪

人と足りて情を汲む
追いしや追いし
彼(か)の心
つかず離れず保って戻り
馳せる気持ちの行方幾重に

流浪の民の歌何処へ
寝鈴からんと合図は此処へ
瞑ればそこは花吹雪
流すや夜や月夜の晩に

故郷恋し一重の瞼
重ねし感情悲しき切に
慕情合わさり花吹雪
見頃迎えて
誘い誘い

近し遠し短し長し
この夜(よ)埋め尽くす烏の鳴き声

嬉しき儚き辿れば来た道
流浪の民の歌数え
寝鈴ばぁやの優しき抱擁
彼(か)の心汲もうて明日を夢見
一重の瞼に
おやすみの合図

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ひろ

  • メールを送信する

ひろさんの最近のデジログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30