デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

恋愛はドラマの様に望まない…。

2006年06月11日 20:28

いかがお過ごしでしょうか?
今日は、1日雨だった東京ですが…。
笑顔で過ごせたなら良しとしましょう。

「気をつけよう暗い夜道と…」
という事で、
<11日午前1時15分ごろ、名古屋市中区新栄1の路上で、名古屋市東区フリーター女性(26)が友人と歩いているところを、後ろから近づいてきた男に現金約700万円の入ったバッグをひったくられた。愛知県警中署が窃盗容疑で捜査している。

 調べでは、男は中肉で黒っぽい服を着ていた。80メートルほど離れた場所で黒っぽい乗用車の後部座席に乗り込み逃走した。女性は普段から200万円ほどを持ち歩き、友人から貸していた500万円を返してもらったばかりだった。>

普段から200万円を持ち歩いてる人って?
盗ってくれと言わんばかりの人だと思いましたね。
犯人もかなり計画的でしょうね。
皆さんも、気をつけて下さいね。
なるべく、バックは通路側に持たないで、一緒に歩いてる人との間や壁側になる様にね。
「お金持ってない?」
そう言う事ではなく、隙を作らないでという意味ですからね。


有り難いコメントに返信します。
6/11 みくさん 「意中の相手に…。」
イメージだけでも掴んでおくと、アドリブとして活かせるかも知れませんね。
これからの展開次第で如何様にもなると思いますよ。

6/11 みくさん 「2つのレベルで…。」
それは、移り香って事ですね。
記憶に無いなら、満員の電車でかな?

6/11 みくさん 「意外性を演出せよ!!」
それは、個性ですよね。
「あばたもえくぼ」「たて食う虫も好き好き」という諺がありますよね。

6/11 かずさん
十人十色
喜びも人それぞれですからね。
限りなく五感を使わないと…。
さり気なくは、大変なテクニックが必要ですよね。


コメント有り難うございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。
(^-^")/

本日は、
「本当は恋をしたいけれど、
なかなか、本気で好きな人ができなくて…」

その様な悩みを抱えている人はたくさんいますよね。
そういう、女性たちの中には、
「せめて片思いでもいいから、真剣な恋をしてみたい」
と、片思いを切望している人すらいるほどです。

本当に、不思議なものですよね。

すぐに誰かを好きになってしまう人もいれば、なかなか人を好きになれない人もいるのですから…。

恋愛の傾向は、小さいときの両親との関係にかなり左右されると言われてます。
小さいときの周囲の環境により、私たち個々の社会的ルールや道徳に対する、善悪の判断基準ができていくからだそうです。

たとえば、いわゆる箱入り娘のように無菌状態で育てられ、男友達と遊ぶことすら許されなかった女性は、いつのまにか
「男って不潔なもの」
恋愛をするのって罪なこと」
という図式が、無意識のうちに完成されているのかも知れませんね。

もし「好きな人ができない」というあなたは、自分の中に「恋愛は罪」という図式が、存在しているのか?
考えてみては如何でしょうか?


自分の中に「恋愛は罪」と思ってしまうと感じるのであれば、「恋愛をするのは罪なことではない。むしろしあわせなこと」
だと、言い聞かせていく必要があります。

先ず、言い聞かせていくには、
「恋するのは素敵なこと」などと、紙に書いたり、言葉にすることが効果的ですよ。

ただ、そこまでやってもなかなか好きな人ができないという人もいます。

いいなと思う人はできる。
でも、
「どうせ私のことを相手が好きになってくれるはずないもん」
と、つい自分を否定してしまい、相手に声をかけたりすることができずに、相手と親しくなるチャンスを逃すうちに、心も冷めてしまう…

そんなパターンの人の事です。

そういう人は、恋愛の実行力がないわけです。
なぜ、実行力がないのか。
おそらく、最初から大目標を掲げすぎてしまっているのが、大きな理由だと思います。

いいなと思う人ができると、
ドラマのような大恋愛をしたい」とか
「相手の人からドラマティックに口説かれたい」
などの、大目標を掲げてしまっているのです。

もちろん、目標というのは、大きければ大きいほどいいものです。
なぜなら、人間は、イメージしたところまでしか成長できない生き物だからです。

だけど、もしもあなたが、大目標を掲げたあまり、チャレンジすることすらせずに、すぐにあきらめるような毎日だったら…?
それは、非常に寂しくないでしょうか?

それなら、諦めてしまう前に、あなたの周りにいる人の真似をするのもいいかもしれません。
あなたが「魅力的だな」と思う、「実行力」のある同性の人の真似をするのです。

そうやって真似をしているうちに、とてもうまく行動しやすくなります。
行動できるようになれば、達成感を感じることができ、自分に自信が出てきます。

そして、やっているうちに、やっていることが人の真似ではなくて
「私自身の、私らしい行動」
になっていきます。
本気でひとりの人に恋をすることができるようになるはずです。

そうは言っても、これらの「実行」がうまくできない人もいます。
そういう人には、結局のところ、恋愛を自発的に楽しむ気持ちがないのです。
自発性がないとは、つまり、欲望のレベルが低いということであり、本気で恋愛を求めていない、ということなのです。

恋することに憧れてはいる。
だけど今、どうしても恋をしたく切羽つまっているわけではない…。

そういう、自発的ではない状態のときには、無理をして恋愛をする必要はないのかもしれませんね。
本気で恋をしたいときこそが、恋に向いている時期なのですから。

恋への欲望が少ないときには、
「何もしないでいる」
という時間を作ってみるほうがいいのではないでしょうか。
ゆっくりと、いつか恋するときまでにエネルギーを蓄えておけばいいのです。

恋は、あせらず、のんびり、マイペースで。
恋愛適齢期も、結婚適齢期も、人によってまったく違うものなのですから…。
じっくりと、タイミングとチャンスを窺って下さいね。

お相手は、heroでした。

このデジログへのコメント

  • みく 2006年06月11日 21:02

    ^^マメですね~
    読んでたら^^;あれ~私?
    違うよね~進みながらも☆気になって
    やっぱり私♪

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

hero

  • メールを送信する

heroさんの最近のデジログ

<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30