デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ジョジョイ鬚舛腓辰噺譴

2006年06月01日 00:58

ジョジョイ鬚舛腓辰噺譴

第5部ジョルノ・ジョバァーナ
黄金なる遺産


僕の一番好きな部だ・・・
そして、最初にジョジョを読み始めるきっかけとなった部でもある。


コンビニジャンプ立ち読みしていて、ふと気になったので、読んでみたのが最初だ。

そんときは、『ホワイトアルバム』戦で、かなりジョルノが追い詰められた状況だった。

初見た時の感想は、


『怖っ!!!』


だった。


どこまでもしつこく追いかけてくるホワイトアルバムに、「13日の金曜日」のジェイソン的な恐怖を感じたね。

ちなみに僕はホラーダイスキだ。
有名どころはほぼすべて見てる。

だから最初はホラーとして興味を持った。

大体、少年誌に付き物の、煽りが


『ロマンホラー深紅の緋伝説!』やしね。




それからしばらくたってまた読んだときは、『クラッシュ』戦。

これは、『言いたいことが他人に伝わらない』という状況に、ものっすごいもどかしさを感じた。



それからしばらく読み続けていて、次は『ホラープラス推理』ものとして読むようになった。

ジョジョって、敵の能力がすぐにはわからない。

奇妙な、不可思議な現象が主人公を襲い、その現象から、敵の能力を推察するのだ。

その過程が面白かった。


そして、他の部も読むようになり、3部、1部、2部、4部という順番で読んでった。


で、第5部の連載が終わり、ジョジョは一旦終了した(1年後復活したときの喜びといったらもう・・)。


そこらへんから、またジョジョの読み方が変わってきた。

今度は『人間賛歌』として読むようになった。
で、この作品は実は

『あらゆる人間に希望癒しを与える作品』

だということに気付いた。


何回か読んでやっと、作者である荒木飛呂彦の、本当に書きたいものはなんなのか、また、この作品の一番のよさを発見できた。




あかん、寝よ。続きは次に書こう・・・



コメレスです。

和香さん
和香さんの(ログを見て持った)イメージジョジョとがつながらへん・・・・いい意味で(笑)
全然少年漫画興味なさそうな感じやのに・・・なんかそのギャップがいいっすね~!

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ニアジョルノ

  • メールを送信する
<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30