デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

“ムタの息子”が全日本マット初参戦

2009年09月14日 15:50

“ムタの息子”が全日本マット初参戦

NAで活躍するKIYOSHI雷陣明)が全日本マット初参戦。グレート・ムタとの“親子タッグ”で諏訪魔近藤修司組と対戦し、この1年間で成長した姿を見せつけた。

 雷陣は昨年の同日・同所でTNA壮行試合として同期の諏訪魔シングルで対戦。しかし、諏訪魔の顔面攻撃を食らって脳しんとうを起こしてダウンしてしまうアクシデントが発生。5分45秒、レフェリーストップ負けとなると、試合後は救急車で病院に直行した。
 その後、10.11後楽園で改めて仕切り直しの壮行試合が行われ、18分28秒、ラストライドによって敗北。雷陣は「もっと強くなって帰ってくる」と諏訪魔へのリベンジを誓ってTNAに旅立っていった。

 ムタと共に頭巾をかぶって登場したKIYOSHIは、真っ赤にペイントされた顔で生まれ変わった姿をアピールすると、見た目だけでなくファイトスタイルでも変わったことを強調。諏訪魔タックルを食らっても舌を出して余裕を見せつけ、場外では鉄柱や木槌を使ったラフファイト諏訪魔を大流血に追い込むと、その傷口を指でえぐって残虐性をムキ出しに。諏訪魔ラストライドで反撃を狙うが、ムタの毒霧に阻止されてしまう。
 KIYOSHIレフェリー不在のスキに、近藤の顔面に親子毒霧を同時噴射すると、ムタのシャイニングウィザードアシストを受けてムーンサルトプレスで勝利。間接的にとはいえ、1年前の屈辱を拭い去った。

 このワンマッチのみの参戦となるKIYOSHIは無言で去っていったが、ムタは「アイル・ビー・バック・スーン!」と再降臨を予告した。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

taku

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30