デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「17歳のカルテ」2

2009年09月14日 12:48

昨日の続きです。


ネタバレあり※

精神病棟には色々な人がいます。
その中でも一際異色を放っているのがデイジーという女の子。 (演:ブリタニー・マーフィ

彼女は人前でご飯を食べず、いつも自分の部屋でチキンを食べています。
部屋は父親が手配してくれた一人部屋(普通は二人部屋)。
父親がレストランを経営しているらしく、父親が持ってくるチキン以外は全く食べません。
食べる行為=排泄行為らしく食堂へ連れて行かれても何も食べません。
ベッドの下には食べ終わったチキンの骨がたくさん置かれています。
異常なまでにいつも下剤を欲しています。(チキンしか食べないから便秘気味?)
リサいわく父親と性的関係があるらしく、表面上は父親のことをとても好きなように振る舞っていますが、
心の中ではそのことに苦しんでいてこのような異常な行動に走っていると見受けとれます。

退院後も心は不安定なままで、訪ねてきたリサに左手首に無数の生々しいリスカの傷を見つけられてしまいます。

そしてリサに罵倒され核心を突かれたデイジーは、その翌日自室で首を吊って自殺してしまいます。


このように非常に可哀相女の子デイジー
彼女についていまだに解けない疑問があります。

性的関係を強いられていた父親は実の父親なのか?(母親は一切出てきていない)
・リサ以外は父親との関係を見抜いていなかったのか?(精神科医は何故デイジー退院させたのか)
・何故食べる行為=排泄行為と思うようになったのか?
・何故父親の作ったチキンしか食べないのか?
・何故捨てずにベッドの下にチキンのたべかすを置いていたのか?


デイジーが父親のことを良く言ったりしていたのは、
父親しか頼る人がいない=父親に嫌われたら終わり=父親に逆らえない=苦しくても堪えないといけない=ならば父親のことをいい父親だと思い込んだほうが楽=父親が全て=そう強く思い込むあまり食べ物でさえ父親の作ったものしか体が受け付けなくなった=たべかすのチキンでさえ捨てづらくなった

あくまで推測ですがこんな考えも有り得るのかもしれないですね。。
でもデイジーの深い心の闇は簡単に解明できそうにもないですが。
あ~誰かと語りたいです(笑)。

このデジログへのコメント

  • 菜緒 2009年09月14日 18:06

    > pray2006さん
    私も最近それを知りびっくりしました!そんな人に見えないだけにf^_^;

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

菜緒

  • メールを送信する

菜緒さんの最近のデジログ

<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30