デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

田上、川田は「一番合う相棒」 蝶野は小橋との絡みが濃厚=ノア三沢さん追悼興行

2009年09月08日 18:09

田上、川田は「一番合う相棒」 蝶野は小橋との絡みが濃厚=ノア三沢さん追悼興行

プロレスリング・ノアの田上明社長が7日、都内・事務所で会見を開き、9.27日本武道館および10.3大阪府立体育会館で開催する故三沢光晴さん追悼興行の決定対戦カードを発表した。

 報道陣に配布されたリリース表の中で、ひと際目を引いたのが川田利明田上組vs.秋山準&KENTA組のタッグマッチ。旧全日本プロレスの中で三沢さんら“超世代軍”と熱い抗争を展開した“聖鬼軍”が追悼興行で復活するのだ。田上は「川田三沢さんの後輩だし組んでもいた。俺ともずっと組んでたし、9年ぶりに組んでみようかな」と故人に一番ゆかりの深い川田オファーを出した理由を明かす。そして対戦相手が秋山&KENTAになったことについては「(川田田上と)やったら面白いと思った」と単純明快な返答。聖鬼軍復活はもちろん、川田秋山の間には旧全日本時代に浅からぬ因縁があり、KENTAとの蹴撃戦もファンにとっては興味深いものであろう。

 聖鬼軍の2人が最後にタッグを組んだのは、2000年6月の全日本プロレス日本武道館大会。以降、全日本は分裂してノア旗揚げに至った経緯があり、なおかつ「(川田とは)私生活でも交流はなかった」(田上)ため、空白期間によるコンビネーションが不安視されるが、当の田上は「通じるところはあるでしょ」と長年の活動で染み付いた黄金連係に支障はないと自信を見せる。さらに「川田とはお互いに好き勝手やってきたし、あうんの呼吸というか一番合う相棒だった」とパートナーに全幅の信頼を寄せており、期待に胸を膨らませていた。

 また、10.3大阪大会に参戦が決定した新日本プロレス蝶野正洋については、「小橋(建太)とタッグか6メンで絡ませても面白い」と両巨頭の絡みが濃厚に。9.27日本武道館大会に参戦する天龍源一郎に関しては「出てのお楽しみ、フフッ」と煙に巻きつつも、「見て面白いカードを組むと思います」と手ごたえを感じている様子だった。

 そのほか、潮崎豪が保持するGHCヘビー級王座の動向は「王者に任せている」と言い、9.27日本武道館大会で同王座戦を組む可能性が大きいとした。その上で「王者がやるなら」という条件のもと、10.3大阪大会との連戦もあり得るとした。

 武藤川田天龍蝶野健介――豪華レスラーが集結する追悼興行。三沢さんが引き寄せた夢の組み合わせは、一夜限りの輝きとして天国を照らすであろう。

 各大会詳細は以下のとおり。

プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE ’09 in TOKYO ~Mitsuharu Misawa,always in our hearts~」
9月27日(日) 東京日本武道館 開場16:00 開始17:00

【決定対戦カード】

<6人タッグマッチ 45分1本勝負>
秋山 準、鈴木みのるパンクラスMISSION)、杉浦 貴
力皇 猛、モハメド ヨネ、KENTA

[参戦決定選手]
天龍源一郎(フリー)
佐々木健介健介オフィス
中嶋勝彦健介オフィス
宮原健斗(健介オフィス
バイソンスミス

【既報対戦カード】

<特別試合 スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負>
田上 明、武藤敬司全日本プロレス
小橋建太高山善廣高山堂

プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE ’09 in OSAKA ~Mitsuharu Misawa,always in our hearts~」
10月3日(土) 大阪府立体育会館 開場16:00 開始17:00

【決定対戦カード】

<特別試合 スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負>
田上 明、川田利明(フリー)
秋山 準、KENTA

シングルマッチ 45分1本勝負>
杉浦 貴
高山善廣高山堂

[参戦決定選手]
蝶野正洋新日本プロレス
青柳政司(誠心会館)

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

taku

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30