デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

鳥・アニキ・新井 クリーンアップ揃い踏み

2009年09月02日 07:55

鳥・アニキ・新井 クリーンアップ揃い踏み

阪神来たで来たで~ヤクルトと4ゲーム差
2009年9月2日(水) 7時3分 スポーツニッポン


<神・ヤ>ヤクルトに勝利しマウンドでハイタッチする阪神ナイン
 【阪神6―1ヤクルト】勢いの差を見せつけた。「有利な展開だった。効果的に点を取れた。とにかく初戦を獲れたので、あと2戦も1つずつ大事にいきたい」。真弓監督も表情を緩める快勝だった。

 初回2死で鳥谷が2試合連発となる先制の14号ソロ。真ん中直球をライナーで右中間席に突き刺したが、直前の自打球の痛みがひどく「どんな打球だったか覚えていない」と苦笑いした。総選挙と重なった8月30日、巨人戦後のお立ち台で、虎党に「ヤクルトに3つ勝ってCSに出る!」と公約を掲げた。初戦でそれを破るわけにはいかない。甲子園鳥谷本塁打を打つとチームは05年から1分けを挟んで18連勝と負けなしだ。

 さらに4回1死一塁金本が10試合ぶりの17号2ラン。41歳5カ月での本塁打は広沢克実を抜く、球団史上日本人最年長弾となった。その後も矢野新井代打桧山適時打打線がつながって計6点。クリーンアップの打点そろい踏みで、後半戦開幕時の7月28日に13・5あったゲーム差を一気に4まで詰めた。

 「去年はどうしようもなくてつらかった。追われるより、追う方が楽。そういう経験をしている僕らにはチャンスがある」と赤星選手会長。昨年は13ゲーム差巨人にひっくり返されて優勝を逃した。セ・リーグでは最大となる逆転劇の屈辱から学んだ合言葉“野球は何が起こるか分からない”が、今の阪神の快進撃を支えている。

 新井も「(試合前から)一戦一戦絶対に勝ちにいく雰囲気があった」とチームを見渡した。3連勝なら一気に2差――。目の前にはツバメの尾がくっきり見えている。

  ≪安藤対ヤ7連勝≫安藤がチームトップに並ぶ8勝目。6回で8安打を許しながら、ヤクルトの拙攻にも助けられて1失点だけでしのいだ。最大のピンチは2回1死から3連打で満塁とされた場面。ここで館山スクイズを併殺で切り抜けたのが大きかった。今季ヤクルト戦は4戦4勝と相性抜群。昨季からのヤクルト戦連勝を7に伸ばし、阪神では1979年から80年にかけて小林繁(現日本ハム2軍投手コーチ)が8連勝して以来となった。「勝てばいいんじゃないですか」と本人は言葉少なだったが、真弓監督は「問題ない」と粘り強い投球にほおを緩めた。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30