デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「1時間走れればフルマラソンは完走できる」 鍋倉賢治著

2009年09月01日 12:28

つくばマラソンというのは今年になって初めて知ったのですが、毎年つくば市で行われているらしいです。
この本の著者 鍋倉賢治氏は筑波大学で自由科目「つくばマラソン」を16年前に開講して、学生(運動経験のない学生も多く含まれる)を「つくばマラソン」の半年前から指導し、見事完走に導いているとのこと。
その経験から導き出された、マラソン完走のこつがこの本である。
いわく、1時間走れればマラソンは完走できる。
いわく、毎日は走らない。
いわく、シーズンオフを半年間もうけ、メリハリをつける。
へえ、すごいなあ。ていうのが感想です。たしかに、走るだけって同じ筋肉を使うだけですから(全身運動と言いながら使わない筋肉は多い)、なるべくならオフを設けて、別のスポーツをやるっていうのは理にかなってます。もちろん、日本人って一年中野球をやり続けるのが正しい!みたいな考えを持つ人が大多数を占める民族ですから、オフってむずかしいでしょうね。
生活者としても、毎日ジョギングができるわけでもないのですが、それを「毎日走らない!」と言ってもらえると、それはうれしい訳です。
なにしろ、運動もしたことのない学生達に、どういった指導をしたら完走率があがるのか?また完走した学生たちは完走しなかった学生達とどこが違うのか?というデータで論じているので説得力があります。
マラソンを走ろうと思っているマラソンビギナーにはお勧めの本です!

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

tarashi

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30