デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ドラッグ

2009年08月29日 14:44

私見だけれど、法的な事もある微妙な話題。

道徳という金でできた檻の中にいる人には
反論もあるだろうし、これもまた微妙。

10代の頃、コナンドイルの、シャーロックホームズにはまった。
彼は、ご存知ずば抜けた推理と行動力で、解決不可能かに見える
不可思議な犯罪に挑戦、そのからくりを暴き、犯人を追い詰める。

だけれども、友人ワトソンも心配するように、
コカイン中毒なのだ。いわゆる麻薬中毒といった様相。
子供心に、彼は純然たる正義の味方ではないのかという、
不思議な疑問が沸いたのを覚えている。

コカインは、南米原産のコカノキから、合成される。
心理学者フロイトも常用、1903年までのコカコーラには、
含有されていたし、現在もエナジードリンクレッドブルには、
自然素材としてコカの葉を含ませたため、微量のコカイン
検出され、欧米で問題になっている。

オランダでは、ご存知大麻は合法であり、
専門のハーブショップで、コーヒーを飲むように、
喫煙も可能だ。

カリフォルニア州では、薬用として大麻を認め、
一般人でも栽培が可能で、品質がよければ、
州として買い上げる制度もある。

覚せい剤は、戦後薬局で購入できていた、ヒロポンのことであり、
かの若い命を犠牲にした帝国特攻隊さへ、死への恐怖に打ち勝つ、
精神高揚のため、覚せい剤を使用した。

戦前の日本では、麻は自由に栽培され、
その効用から整腸剤として漢方利用もされている、。
アメリカの占領下において、綿輸入を経済政策の一端とする、
アメリカ経済の都合により、麻の栽培を違法とする、
大麻取締法が制定された。

インドではサドゥーという修行者たちが、
その意識の覚醒のため、大麻樹脂を使用し、
北米アメリカインディアンたちも、
大麻草をその友愛儀式のために使う。

南米では、秘境キリスト教徒達が、
つたから抽出した、幻覚性のお茶を、
その覚醒儀式に使用する。

音楽では、ロック創世記のジミーヘンドリックス、
ジャニスジョプリンジャズマイルスデービス
ビリーホリデーチャーリーパーカー、数え切れない
歴代の大天才達が、ある時期のドラッグ使用によって
インスパイアーされた、神がかったアートの創出を、
成し遂げている、。
かのビートルズでさへ、LSD大麻なしには、
シンプルロックンロールから、アートとしての
ロックへの変換を可能とはしなかったのだ。

世界の音楽を変え、若者の意識革命を可能にし、
国家という虚偽の名の元に、互いの国の若者達を、
大量殺人ゲームに追い込む戦争に、反対ののろしを上げ、
人類愛を人々の手に差し渡したヒッピームーブメントも、
LSD大麻いった、ドラッグ無しには、成し得なかったのだ。

誤解しないでほしい、過去の制令、また欧米がどうであれ、
この日本では違法であることに変わりはなく、
法の遵守は当然だし、それを冒すことに何の合理的な
利点も見出せない。ひと時の薬物的効果を得るために、
人生全体を棒に振るような勘定は間尺には合わない。

言いたいのは、販売を目的とし、世間への大量流通を、
生業とするシンジケートと違い、末端使用者の罪が
重すぎるということだ、。
加えて世間の無知といえるような常識的判断。

また、一言にドラッグといっても、種類は多く、
その常習性、中毒性、体や脳神経に与えるダメージも、
まったく違うもののだ、。
そういった知識無しに、一概に麻薬ということで、
リンチのように、法的、社会的に、その末端使用者
葬ってしまうのは、まったく理性的な判断ではない。

例えば、ある歌手タレント大麻使用で、
逮捕される。この日本では、あらゆる仕事のスケジュール
契約キャンセルされ、その被害金額は、何億、何十億にも、
上ってしまう。

麻薬使用は精神的な弱さ、または薬物効果による
創造性の高揚、これらを起因とする、
強盗や殺人といった他を傷つけることのない、
政令違反に対して、立ち直ることさへ不可能な、
甚大な鉄槌を下すのは、どうなんだろうか。

ポールマッカートニーが、日本入国時に、大麻を発見され
強制退去にあったけれど、そのことで、英国において、
何十億にも上るビジネスキャンセルされることはないのだ。

それほどまでに、罰しなければならない、恐れはどこにあるのか。
シンガポールなどのアジア諸国では、大麻はもちろん、
麻薬には死罪というような量刑を科す国もある。

やはり人の命を軽視する、意識を信頼しない、
そういった国に多く、残虐な量刑を見出す。

アメリカは、酒でさへ禁止した時代があった。
その結果、シンジケートが血で血を洗う、
抗争を引き起こし、また莫大な富を蓄積する
マフィアの登場を引き起こした。

戦前は、日本政府政治家さへ、中国でのアヘン販売を、
その政治、軍事資金調達に利用していたのだ。

人類は、何千年に渡り、いわゆる薬物を使用してきた。
どの時代であろうが、その罰が死であろうが、
社会的抹殺であろうが、その利用が終わりを告げた事はない。

法の規制が、その役目を果たすことはないのだ。
それよりかは、理性的な国家が、もっと副作用のない、
酒やタバコよりも中毒性のない、人類の創造性を喚起し、
リラックスでき、張り詰めた神経を解きほぐすような
新しい合法的ドラッグの研究開発に、力を注ぐほうが、
より新しい、人類の世界創造に役立つというものだ、。

酒井法子さんも、清純などという、根も葉もない、
仮面を脱ぎ捨てることができ、よかっただろうし、
この際、ニュードラッグの旗手として、
生まれ変わり、21世紀、日本のジャニス
ビリーホリデーになることも、一途ではないのだろうか。

レイブトランス、こういった文化が生まれた背景に
目を閉じることなく、70才を超えたような、
石頭政治家官僚が作るような法令に、
真っ向から、切り込んでいく、新しい日本人
期待したくも思う、。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31