デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

日本の戦後政治64年の惨め

2009年08月27日 15:51

日本の戦後政治64年の惨め

ネガキャン動画をYouTubeにアップする自民党http://www.youtube.com/view_play_list?p=EA517D9E7CF8C675
http://www.youtube.com/watch?v=rAjj1CGxhY8&feature=PlayList&p=EA517D9E7CF8C675&index=0
http://www.youtube.com/watch?v=9A8LnhLrz0A&feature=PlayList&p=EA517D9E7CF8C675&index=1
なんだか「日本の戦後政治64年の惨めさ」を感じますね。
政治本質的な面から言えば、旧社会党の責任もあるのだろうけども、ネガティブキャンペーンを行う程の自信の無さ、中身の無さが表れちゃいました。
日本人としてのプライドがあれば、正論を理詰めに組み立てて、無駄を省き表現することが出来るだろうに、政治正論も無ければ愚直ささえ無い。
残されているものは「自己崩壊」だけであろう。

以下の記事にあるように、自らのお詫びもやめるらしいが、ここまで来ると「居直り」の「逆ギレ」としか言いようがない。
麻生さん戦略変更、演説で「おわび」やめる」8月26日22時56分配信読売新聞より 麻生首相自民党総裁)は26日に愛知県岡崎市など3県計6か所で行った街頭演説で、これまで演説の冒頭で必ず触れていた「おわび」をやめた。(中略)
劣勢が伝えられる中、党内で「大将が最後まで謝り続けていては、選挙にならない」(自民党関係者)との不満が募り、「毎回おわびすることはない」との周辺の進言を踏まえて判断したようだ。
 ただ、首相は昨年9月の自民党総裁選の最中に「(8月末の)豪雨安城(市)や岡崎だったからいいが、名古屋で起きていたら、この辺全部、洪水よ」と発言し、抗議を受けていた。にもかかわらず、首相は26日、その点に触れないまま演説を続け、途中で秘書官に耳打ちされてから「一番最初に申し上げるところを忘れてすみません。申し訳ありませんでした」と慌てて陳謝した。あまりの間の悪さに、首相周辺も「失言癖はそこから始まったのに……」とため息をついた。

欅が思う溜め息の中身は、国を憂いての事であるのだか・・・。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

欅

  • メールを送信する

欅さんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31