デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

改札口バトル

2009年08月24日 23:34

改札口バトル

毎日のように通勤で使う自動改札
昔、人間改札の頃は、混んでる時は一方通行でしたが、自動改札は両方向通行のものが多いです。
おかげで、自分が通ろうと思ったら向こうの人がタッチの差で切符(今はカードがほとんど)を通して自分は待たされるか、隣の機械へ、となったり、逆に自分がタッチの差で通過して「へっへーん」ということになったりします。

で、腹が立つのが通勤でいつも使っている地下鉄の改札。2箇所あるのですが、まずその1。
そこは、一番端が出口専用です。入り口専用は真ん中あたりにあります。出口専用の機械は、私がその駅から外にでる出口に一番近いところにあります。
で、その駅から外に出る時は、私はほぼ100%その出口専用の機械を使います。その方が便利なので、これは問題ありません。問題は、その駅に入る時です。
駅に入る時に一番便利な機械は出口専用なのでそこは使えません。だからその隣の両側通行のを使いたい…のですが、降りてくる人がいるとその機械も使えません。腹が立つのは、降りてくる人の多くが「出口専用」の機械を通らずに、両側通行の機械を通ってくることです。
おかげで、私は、その隣だったか2つとなりだったかの入口専用の機械に回り込まないといけません。それでも、全部の機械が埋まっていれば「これだけ人がいるんだから仕方ないか」と思うのですが、なぜかその「出口専用」の機械から出てくる人は少ないです。それも腹が立つ原因です。
そーゆーわけで、隙あらば先にカードをタッチしようと争う毎日です。
ま、心が狭いのですけどね♪

で、心が狭いその2。
もう1つの地下鉄の改札は、もっと腹が立ちます。
5つの機械がL字型に並んでいて、縦棒のところに3つ、横棒のところに2つあります。Lの左側が駅の外、右側が駅の中です。
横棒のほうは出口専用です。縦棒のは、上から順に「入口専用」「両方向」「朝だけ出口専用、その後両方向」です。
私はL字の左側から駅にやってきます。朝は大抵「入口専用」のところから入ります。人が沢山降りてくるので選択の余地がないことがほとんどです。
で、帰りです。私はLの角に近い「朝だけ出口専用」の機械から出ようとします。これは、その機械からまっすぐ右にいったところに改札に来る上りエスカレーターがあるからです。ちなみに下りのエスカレーターはありません。
ところが、この帰りの時に見事に「バトル」になることが多いです。Lの下側から来る人は、横棒の側は出口だけなので、回り込んできます。すると、角に近い機械が一番便利なので、そこから入ろうとします。
私は、エスカレーターで上がってくると正面にある機械が便利なのでその機械を使おうとします。しかも「朝は、通りたくても通れないのに」という気持ちと「回り込む人々は、降りる時に楽をしているんだから苦労している私を優先しろ」というずうずうしい気持ちとが重なって、なかなかゆずってやろうという気になれません。
なので、そういう人を見かけたらなるべく急いでその人が来る前に通過しようとします。でもひどい時は2人が並んできて、しかも「入口専用」以外の2つの機械を同時に抜けたりします。そーゆー時はほんと「まけた」と悔しくて涙がでちゃう…ことはないですが、やっぱり腹が立ちます。

それでも、世の中、心の広い人はいるもので、そういう状況で電車から降りて改札に向かうとわざわざL字の出口専用機械から駅から下側に抜け、それから左側にクランクみたいなルートで通過する人がいます。
わたしなんかそーゆー人を見るたびに「心が広い人もいるものだ」とじーんと感動しますが、自分ではやる気にならない心の狭い人間です。

そんなわけで、明日も自動改札バトルに負けないようにがんばります…ああ、自分で書いてて、なんて心が狭いのだろうとおもいます♪

***
本日の画像は、サンキストの「冷しぶどう」です。果汁20%なので飲みやすい軽い感じでした。

このデジログへのコメント

  • みんきー 2009年08月26日 23:46

    妖♪さん、コメありがとう☆
    後から抜かれるとちょっとせつないですね。ほんとにゲートとバトルする(強行突破♪)外人さんを時々みます♪

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

みんきー

  • メールを送信する

みんきーさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31