デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

Lupin の好きな漫画 ~その1~

2009年08月18日 22:19

Lupin の好きな漫画 ~その1~

サンクチュアリ」のあらすじ

表社会での頂点を目指し、国会議員秘書から政治家を目指す浅見千秋裏社会での頂点をめざし、六本木暴力団組長から関東相楽連合トップを目指す北条彰、この2人の漢が理想郷サンクチュアリ」を作り上げようとする物語である。

衆議院選挙公示が行われた今日。政界交代か否か!が大きく問われる今回の選挙ですが、世界の政治経済地殻変動の中で、日本のおかれた立場が、これから本当に大変な状況になることをどれだけの人が自覚しているのだろうか?!

平和ボケしたこの日本の国民に、これから、特に責任ある男としての熱い生き様に魂を揺さぶられます!!機会があれば、一度、読んでみてください。

~以下、一番僕の思いに近いブックレビューです。

男の生き様と熱い友情, 2005/12/10
By ア ス ノ タ メ ニ -レビュー

かつて少年時代を過酷な環境ですごした青年2人。一人は政治家の道に進み、もう一人は極道の道に進んだ。2人の共通の目標は「日本を変えること」。

「日本を変える」=「国のために命を捧げる」という事である。この言葉の意味を理解するためには、今の平和ボケした日本から飛出し第3世界を見る必要があるかもしれない。確かに日本は平和である。欲しいものは何でも手に入る。だが、それは物質的豊かさであって、精神的満足とは違う。

日本人ひとり一人が、この国家の中で生きがいを持って、日々喜び生きることが、現代の中でどれほど困難であろうか?

学習塾に通う子供、満員電車スポーツ新聞を読むサラリーマンスーパーの前でくだらない話をしている主婦どもを見てみるが良い。

この漫画では、そんな日本を変えようとする気概ある若者たちが描かれている。政治の世界も極道の世界も、やはり日本の社会を反映させていて、会社、学校、学習塾主婦井戸端会議と一緒なのだ。

そこには既得権益を守ろうとする者と、それを打崩そうと戦う者の熾烈な争いがある。多くは既得権益を守ろうとする者に取り囲われてしまうのだが。

また、男の真の友情についても考えさせられた。ただ単に遊ぶ友達、相談事をする友達は沢山いるが、同じ夢を一緒に目指そうとする友達、その友達のためなら自己を捧げることができるような友達こそが真の親友だと思う。

大人になってそのような友人を見つけるのは難しいかもしれない。孤独に夢に向かうのも良いが、この作品には強い憧れを抱いた。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

Lupin

  • メールを送信する

Lupinさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31