デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

赤いちゃんちゃんこ~学校の怪談・しょの1

2009年08月17日 16:42

時は現代。

とある女子高幽霊話が流行りだした。

よくある『トイレ花子さん』のような話で、なんでも
部活などで帰りが遅くなった生徒が夜8時以降に
校舎3階トイレいちばん奥の個室に入ると、気味の悪い声が
聞こえるんだとか。

はじめは、帰りの遅くなった生徒を早く返すための戒めだとか、
単なるいたずらだとか、さまざまな憶測が飛び交ったが、
だんだん騒ぎが大きくなってきたので学校も放置できなくなり、
一人の女性教諭が調査することにした。

かくして、ある日の夜8時過ぎ、他の男性教諭や生徒たちの見守る中、女性教諭は件のトイレに入った。

ほどなくして、トイレの底のほうから背筋の凍るような気味の悪い
声がした・・・

「赤いちゃんちゃんこ、着せましょか~?」

「きゃああ~~っ!!」

女性教諭は悲鳴とともにみんなのところに逃げ帰った。
体中に冷たい汗が流れていたが、けがはなかった。

幽霊話が現実のものと確認され、学校は警察に調査を依頼する
ことにした。けが人の出ないうちに解決したいとのことからだ。


数日後、警察の調査が入り、まず最初に一人の婦人警官トイレ
入ることにした。警察関係者は婦人警官の身を案じ一人にすることを
ためらったが、当の婦人警官はこれまで人的被害がでていない
ことから危険はないとして一人でトイレに入った。

ほどなくして、例の不気味な声

「赤いちゃんちゃんこ、着せましょか~?」

すると強気な婦人警官は言ってしまった

「できるものなら、やってごらんなさいっ!」


まもなく、婦人警官のすさまじい悲鳴が響いた

「ぎゃああ~っ!!」

同僚の警官たちがあわてて駆けつけると、婦人警官は背中を
ズタズタに切り裂かれ、大量出血のためこと切れていた。

その真っ赤な血に染まった背中は、あたかも
赤いちゃんちゃんこを着たかのようだった・・・。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

てつ

  • メールを送信する

てつさんの最近のデジログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31